早期教育にかかる費用

鉛筆

納得の教室選びを

幼児期は語学のマスター力が高く、スピーディーかつ自然に身に付くといわれています。また、小学校から英語教育がスタートすることになり、早めにお子様に英語教育をして差を付けたいと思われる保護者の方も多いことでしょう。グローバルな時代をスマートに生き抜くためにも、幼児向けの英語教室が人気となっています。かかる費用は地域の相場やレッスン内容によっても異なってきますが、主な費用として入会金、お月謝、教材費や施設管理費などが挙げられます。相場としては入会金がなし、もしくは5,000円から10,000円程度で、お月謝は週に1回〜2回のペースで6,000円代後半から10,000円代が一般的です。教材費は年間で15,000円から20,000円前後、施設管理費は空調費や設備費用、清掃費用など教室の維持管理に使用されるものですが、受講料に込みとして取らないところと、受講料に加えて年間で数千円から10,000円程度かかる教室もあります。子育て中は教育費は家計の大きな割合を占めることになるので、家計の負担にならないよう費用を確認することも大切ですが、それ以上に内容面や指導する講師の質、お子さまに合うかなども重要になります。費用が安くても思うように身に付かない、費用が高くてもお子さまが行きたがらないでは意味がありません。幼児向けの英語教室では事前カウンセリングや体験入会なども実施されているので、幼児に実際に体験させて楽しく通えそうか確認しましょう。

Copyright© 2018 幼児からの英語教育が重要【楽しみながら無理なく】 All Rights Reserved.