子供に英語を学ばせるには

アルファベット

教材に漫画やアニメを

2020年より、小学校での英語の科目が必修科目となることが発表されました。グローバル社会と呼ばれて久しいですが、今後今の子供たちが成人となるころには国境の壁がさらに低くなり、日常的に外国人と接する機会も増えることを見越して、ということが想像できます。今後ますます英語を始めとした外国語を喋れることの重要性が増し、親としてもなんとか英語を喋れるようになってほしく、英語教材の導入を模索する人も少なくありません。小学生に英語を喋れるようになってもらうには、学校学習以外に英語教材の利用が必須ですが、一番重要なことは英語にどれだけ興味を持ってもらえるでしょう。小学生は楽しければ勉強も遊びもしますが、つまらなければどちらもしません。ですので英語教材を選ぶうえでは漫画やアニメキャラが使われているなど、小学生に親しみを持ってもらえるかを意識しましょう。また英語は読み書きだけでなく聞き取る力も大事です。一般に小学生の耳は10歳になるころには完成されるそうです。つまりこの時期にどれだけ生の英語を聞かせられるかが将来の英語力に繋がるということです。幸い最近は洋画やアニメの吹き替え昨日のおかげで子供でも生の英語に触れる機会が多くなってきています。例えなにを言っているのか分からなくても何も考えず聞き流すだけで、子供は英単語を音として捉えだします。英語の読み書きは市販の英語教材で行い、聞き取りはアニメの吹き替えで行う。これを行うだけでも将来の英語に対する抵抗感が違ってくるでしょう。

Copyright© 2018 幼児からの英語教育が重要【楽しみながら無理なく】 All Rights Reserved.