国際化社会で必要な力

英語学習

異文化交流を楽しもう

最近は随分と外国の人を街で見かけることが増えましたよね。旅行や留学だけではなく、日本で暮らし、定住する人も増えてきており、ますますグローバル化が進んでいます。そんな異文化交流が身近になりつつある現代社会ですが、外国の人に道を尋ねられて英語で答えられずに困ってしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか。そのように、この国際化社会の中で何か必要になってくるかと考えた時に、やはり一番に思い浮かぶのが語学力ではないでしょうか。様々な言語がある中で、まずは共通語である英語を学びたいと思われる方も多いでしょう。そんな英語を身につけるのは、幼児期が適しているということはご存知でしょうか。そんな早い時期には必要ないと思われる方もいるかもしれませんが、幼児期は、子どもならではの好奇心のもと、抵抗なく楽しみながらスポンジのように言語を吸収していける時期なのです。大人になると、英語で伝えようとする時にはまず日本語で考えてから英語に訳するため、なかなか習得するのが難しくなってきます。しかし幼児期の子どもは、ある行動を伝える時に年齢に応じた英語表現で教えると、日本語に訳すことなく自然とその行動を英語で覚えることができます。また、大人になると違う言語を聞き取る能力はなくなってしまいますが、幼児期の子どもは日本語にない音も十分聞き取れます。幼児期の英語教育を学ぶ方法は様々あり、インターナショナルスクールや英会話教室、今は保育園や幼稚園でカリキュラムに組み込まれている場合もあります。どれも楽しみながら取り組める工夫がされていますし、絵本やCD、玩具なのでも手軽に取り入れることもできます。このように楽しみながら無理なく英語を身につけていける方法がたくさんあるので、ぜひ親子で楽しく英語を学びながら、積極的に異文化交流を楽しんでいきたいですね。

勉強道具

就学前の幼児に教育する場

福岡市には幼稚園、保育園、認定子ども園という場所があり、それぞれ目的は異なるのですが、境界はあいまいになってきています。個々の園ごとに特徴を見て比較して決める必要があります。見学にいくのも非常に重要です。

男の子

楽しい時間を過ごせる場所

幼稚園での英語の時間があるというところが増えているようです。英語学習はやはり楽しく、学ぶことが重要です。成長の過程に合わせた学習内容を子供に与えることが必要です。より能力を伸ばしたいなら英会話教室を利用したりもできます。喜んで学んでいるかどうかがポイントになります。

子供

種類と特徴

吉祥寺には多くの幼児教室があり、学習系、英語系、音楽系、体操系などが代表的なものです。英語系が近年は特に人気です。始めるときは子供の意向を尊重すること、親の負担が大きすぎないかを考えることが大事です。

アルファベット

子供に英語を学ばせるには

どのような英語教材を使うにせよ、継続ができなければ英語力は身に付きません。無理強いすれば逆に抵抗感がでてきます。そのため小学生に語学力を身に着けさせるにはアニメや漫画などを使い、どうすれば興味を持ってもらえるかを考えることが重要でしょう。

鉛筆

早期教育にかかる費用

幼児向けの英語教室の費用として一般的に入会金、月謝、教材費や施設管理費などがあり、地域や内容に応じたおよその相場があります。費用面だけでなく内容面や講師の質を確認し、お子さまが楽しく通える教室を選びましょう。

Copyright© 2018 幼児からの英語教育が重要【楽しみながら無理なく】 All Rights Reserved.